2014年06月04日

お金を刷って景気が良くなる。次なるフレーズは「貯蓄倍増計画」だ。

こんにちは。
今回はめずらしく政治経済の話。

2chairs.jpg
(写真と記事は関係ありません)


お金を刷って刷って刷りまくるぞ! というのがアベノミクス。
これで、株価はそれ以前の2倍になった。
しかし、市場に流通しているお金は増えていないというのが実際のところ。
日本銀行が市中銀行にお金をあげたんだけど、市中銀行は日本銀行に「国債を買う」という形で戻してしまったからね。

だから、まだまだ足りないね。


ここ数十年、モノは増えたけど、お金の増え方がそれに追いついてない。
だからデフレになる。
ここを押さえておくことが重要だと思います。
そして、中国、インド、、、そういった国々がモノづくりをして、輸出する。
輸入国はさらにモノが増える。。。お金を増やさなければ、ますますデフレになる。
ここを押さえておくことが重要だと思います。



さて。
お金の量そのものを増やしていかないと、お金持ちになる人と、お金がなくなる人がいるわけだ。
みんなでぐるぐる回すことができたら素敵だけど、やっぱり貯めたいもんね。


お金の量を増やしていけば、理論的には日本国民全員の貯蓄を増やしていくことも可能。


------
いま、あなたの預貯金が80万円だとします。
おいしいラーメンが一杯800円ですね。
これが、5年後に、一杯400円になる。うれしいですか?
しかし、あなたの預貯金も40万円になっている。
これがデフレです。いまの時代です。

しかしこれが、
ラーメンが1600円になるかわりに、
あなたの預貯金も160万円になる。
これが、貯蓄倍増計画です。
ラーメンは1600円になりますが、
あなたはこれを買わなくてもいいわけですよ。選べるんです。
貯蓄が増えていく生活と、減っていく生活。
気分がいいのはどちらですか?
400円のラーメンを食べるのと、1600円のラーメンを食べるのと、
気分がいいのはどちらですか?


------


なーんて、選挙演説。
どうかね??

以上です。ありがとうございます。
posted by TT at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする