2016年10月10日

スペインの自動車メーカーセアトと、ライフスタイル誌コスモポリタンが共同開発した車に批判が

何年か前から、女性向けサービスが増えました。
飲食店のレディースデイ、電車の女性専用車、などなど。
大抵は受け入れられるし、特段の反発もないと思います。議論は常にありますが、、、


ところが、ここ最近、女性から批判されることが多くなってきたように感じます。

企業が、ある一部の女性像を、あたかも「女ってみんなこうだよね」と、女性全体として語ったときに、「わたしは違う。また女は馬鹿だと思われる」と反発するわけです。

マーケティングって難しいよな、と思います。

例えば先進国の場合、ベビーブーマーに向けてものを売っていた時代は、ある程度典型的なお客さん像があったわけです。
ところが、今の20代30代をターゲットとしたときに、非常に多様化している。
したがってターゲットを絞って、サービスを開発する。
それを宣伝する。
すると、ほとんどの人にあてはまらないので、批判される。
またターゲットとされた人たちも、なんか狙われ過ぎてて嫌だ、と。
結果、うまくいかない、と。
ターゲットを絞ったはずだったけど、実際はそんなひとたちはいなかったのかもしれない。


確かに多様化してる。
だけど、本質的には変わらない。
年齢とか関係ない。



マーケティング=お客さんを理解すること

永遠の課題です。

posted by TT at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

「キモい」と言われて傷ついた人へ

うわ、きもーい。
とか言われて傷ついちゃった人、腹が立った人、いますよね。

冷静に考えてみたら、素晴らしく魅力的な人は、人に「キモい」とか言わないの。
だから、どうせ大したことない人から言われたの。

で、言った方は、口ぐせになってて、あまりにも気軽に言ったんで、あなたにそんなこと言ったことすら覚えてないの。
子供が生意気な口をきいただけなの。

だからあなたも忘れるの。
気にしないの。

何度も思い出しては、傷ついたり腹立てたりしてるのは、あなた自身なんですよ。あなたの脳ミソの仕業なんですよ。

「いつまでもごちゃごちゃ言ってんじゃないよ」って、自分の脳ミソにガツンと言ってください。

posted by TT at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

日立製作所が集中と選択をやっております

日立製作所が子会社の日立工機などを売却する計画とのこと。
日立製作所が社会インフラ事業に注力するのはわかります。これは10年くらいまえからその流れにあった。
なぜならグローバルな競争力を考えたときに、世界で闘える力を持つ事業が社会インフラ事業だからです。

収益力の弱い事業を売却すれば、キャッシュが手に入り、新たな投資もできます。
ROE などの指標もよくなるでしょう。

しかし、東芝の例もあるように、いま強いからってそれを残してあとは売っちゃうってのは、怖いよね。

いま強いか弱いかよりも、未来のあるべき姿が大事で。

工機だって、素晴らしいビジョンが見えたら、グローバルで闘える会社になれるでしょうし。


社会インフラ事業ってのは、どうしても各国の官公庁がお客さんで、その国の税金をいただくことになる。
一般の消費者から直接にお金をいただくわけじゃない。
どうしても家電とかでがんばるより、世の中一般の知名度が下がってくる。
露出が減るからね。
ネームバリューが落ちてくると、販売力が落ちてくる。

例えば飛行機だったら、ボーイングとエアバスみたいに、日立が世界の2強、3強になれて、かつ一般的な知名度も高い、そんな風になれたらいいね。
会社としては、今より小さくなるかもしれないけれど。

社会インフラ事業って、どうしても色気がないからな。政治家との付き合いが多くなるし。大変だよな。
おしゃれできる事業を持っていたいよね。
その方が利益大きいよ。

posted by TT at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする