2017年05月20日

勝利と痛みはセットです、の追伸

どんな仕事でも同じだと思います。
勝利と痛みはセットです。

で、自分が耐えられる痛みの仕事をするといいんですよね。
なぜなら、耐えられるから、怖くない。
怖がらずに、チャレンジできる。

損を怖がらずに、投資できる。

怪我を怖がらずに、相手に突っ込める。

悪口を怖がらずに、手広く商売を広げられる。

とにかく、怖がらずに、突っ込めるわけですね。

そして、勝利は、その先にある。
壁の向こうにある。
自分の心の壁の向こう。


posted by TT at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

陰口を叩かれるのは世の常だ

自分なりに信じた道を行き、仕事をなし、世に出る。

すると、陰口を叩かれる。

これは世の常だ。

わざわざ自分の正しさを訴え、相手を論破しようとする必要はない。

だからといって、必ず陰口を叩かれなければならない訳でもないが。

とにかく、自分なりの道を行き、少なからぬ支援者がいるのなら、陰口を叩かれようとも不安に思うことはない。

陰口が耳に入ると傷付くけれど、気にしてはいけない。

自分が歩みを止めることを喜ぶものは誰か。
自分の正当性を主張して回ることを喜ぶものは誰か。

支援者は喜ばない。

信じた道を行くしかない。
posted by TT at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

勝利と痛みはセットです

どんな仕事でも、勝利と痛みはセットなんです。

株式投資だったら、
一ヶ月一生懸命働いて財産がマイナスとか、1日で訳もわからず多額な損をするとか、そういう痛みです。
これに耐えられなければ、投資家はやってられない。

「株買って、もし値下がりしたらどうするんですか?」

値下がりすることもよくあります。
それに耐えられなければ、やってられない。

スポーツ選手だと分かりやすい。
フィジカルな怪我はつきものです。
擦り傷から、捻挫、骨折、いろいろあります。
どんなにセンスがよくても、フィジカルの痛みに強くなければプロ選手としてはやってられない。
捻挫してても試合に出るとか、有名選手には多いです。


どんな仕事でも同じだと思います。

自分が耐えられる痛みをもつ仕事を選ぶといいですね。
サラリーマンの人なら、時間通りに出社して、上司の言うこと聞いて働いて、自分の考えとは違うけど会社の方針に従って、休みも決められて、イヤなやつとも一緒に働いて、、、とかそういう痛みかな。
posted by TT at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする