2017年06月28日

一つ上に行ってしまえば問題は解決する。

世の中、様々な問題がございます。

解決せねばなりません。

原因を見つけて、対策する。
という方法もよいですが、できたら一番いいのが、

一つ上に行くこと、です。


問題が解決するというより、問題を消滅させる方法です。


posted by TT at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

正社員、保護すると減る不思議

公務員の定年を下げるどころか、上げようとの議論。
将来的には、多くの公務員の仕事を、ロボットやらなにやらがやるようになるので、人数は減っていくはずですがね、、、

ほんとは今でもかなり減らせるはずなんですが、まあ、既得権だ、減らないねえ。


フランスなどで既に実験済みですが、
正社員などの雇用を保護しすぎると、企業が正社員を雇わなくなるわけです。


日本でもそうなってます。


正社員は、長時間勤務させてはいけない。

もちろん残業代は払わねばならぬ。

休日出勤も少なくしないといけない。



その結果、深夜まで働いているのは、派遣社員と役員ばかりという。


働かせたいのに働かせられない正社員。
解雇しようにも簡単にはできない正社員。

結果として、新しく正社員を雇わなくなる。



動物は、保護すると、数が回復するものだけど。

雇用は、保護すると、減るんだな。


会社もそう。
保護すると、弱くなって、競争に生き残れなくなる。

酒屋さんを保護しようと、一定の距離を空けなければ開業できないようにした。
競争から守った。


そしたら、弱くなって、コンビニのフランチャイズやることになった。


例えばワカサギを保護しようと思ったら、稚魚を養殖して放流する。
ブラックバスを駆除する。


そうだね、減っていくものを保護するならともかく、増えてるものを保護したら過保護だね。


posted by TT at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

デッサンは立派だ

デッサンは、目に見えるもの及び見えないものを、観賞可能にする。


立体は面の集まりで、面の端は線。

線の端は、点。

点に面積はないが、存在はしている。

無と有の境目。

デッサンは、面と線を追い、無と有の境目に足跡を残す。


そして、建築家に美しい建築とはなにか教える。

土器製作者、木工、金細工、織物、刺繍、さまざまな職人に教える。


デッサンは、人に文字を教えた。

数字を教えた。

図形を教えた。

その他、様々なものが、デッサンから与えられた。


素描というものは、ただ自然の作品のみならず、自然のつくるものを越えて限りないものを追求するほど立派である。


By ダ・ヴィンチ
posted by TT at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする