2012年09月01日

親に恩返ししてはいけないよ。

こんにちわー。今日もありがとうございます。

「今日はいい日だ」

『ある銘柄で損したからって、その銘柄で損を取り返す必要はない』


(注意)今回の話は信じられない話なので、信じられる人だけ読んでください。

オッケーですか?



「親に恩返ししてはいけないよ」
って、言われて、救われる人がいるんですよ。

なんか、性格悪い人みたいなんだけど、でもこれでいいんです。


■実は、親に恩返ししたらダメなんです。

「親に恩返しする」って、日本人だと、なんか親孝行とか美徳みたいに思われるけどね。
信じられないかもしれないけど、親に恩返ししたらダメなんです。

親が子供を愛するのは当たり前のことなんです。

愛さないのは×だし、
条件付きの愛も×。
無償の愛が○なんです。

条件付きの愛ってのは、言うこときいたら愛してあげる、っていうパターンです。

で、親に対して恩義を感じるってことは、もちろんあると思うんです。
だけど、その恩を親に返したらダメなんです。

なぜかっていうと、親が子供を愛するのは当然のことだから。


動物番組とか見てると、動物でも親が子供を愛してたりしますよね。

人間なら、当然なんですよ。
それに恩義を感じて、「いつか恩返ししなきゃ・・・」って、、、ちがうんです。

親の恩は、もらったままにしておけばいいんです。



■アダルトチルドレンって言葉があります。

よくあるのが「子供っぽい大人」「大人になりきれてない人」っていう誤解です。

正確な定義とかは、自分で調べてもらいたいんですけど、
「未熟な親に育てられた人たちで、ちょっと生きづらさを感じてる人たち」ってくらいの意味です。


アルコール依存症の親とか、児童虐待とか。
そこまではっきりしてなくても、子供に恩着せがましい親というのはいるものです。
たくさんいると思います。



・自分の生き方が正しいと思っていて、子供にも同じような人生を送らせたい親。
たとえば、自分は体育会系で、サラリーマンになってからもバリバリ働いて、風邪をひいても熱が出ても、けがをしても会社に行って、それが正しいんだって思ってる。だから子供にも同じようにスパルタ式で教育して、弱音を吐いたら「お前は根性がない。だからダメなんだ。俺の子供ならできるはずだ」とか言ったりね。


・自分はやりたいことがやれなかったので、子供で夢をかなえようとする親。
たとえば、自分は医者になりたかったけど医学部に入れなかった。だから子供を医者にさせようと思ったり、それがだめなら、「先生」と呼ばれる職業につかせようと思ったり。そうならないと、「俺がこんなにサポートしてるのに、どうしてできないんだ。おまえはダメな子だ」と言ったりね。


一見、愛情のように見えます。
「しつけ」のようにも見えます。よくある光景かもしれません。
(おまえがここまで育ったのは、俺(わたし)のおかげだ)

だけど、これがアダルトチルドレンを生み出すときもあるんです。


で、忘れないでほしいことは。

自分がアダルトチルドレンだとしても、それは「治る」ってことです。

一生このままで、自分は幸せにはなれないんだ。って。
そんなふうに思ったらだめです。

人間には意思がある。

幸せになろうという意思があれば、大丈夫。

だいじょうぶだよ。




でね。

親に恩返しするって、なんか親孝行みたいだよね。美徳みたいだよね。

だけど、親に恩返ししたらだめなの。


で、親に仕返ししてもダメなの。それはもっとダメ。

アダルトチルドレンは、どんなふうに親に仕返しするかって言うと、自分が不幸な人生を送ることで親に仕返しするんです。

「あんたの望みどおりにはならないよ。望み通りにならないどころか、ダメな人生送ってやるよ。あんたがダメな親だってことをわからせてやる」って。


それ、やめようよ。

仕返しはやめよう。
恩返しもいらない。



■親からもらった恩は、返しちゃだめなの。

そのまま、別の人にあげるの。

周りの人たちにあげるの。
ともだちとか、ご近所さんとか、お客さんとか、同僚とか、もちろん夫、妻、恋人、こどもたち。

親子以外の人間関係で、恩返しするの。
恩返しとか義理・人情ってのは、親子関係以外の話なの。


アダルトチルドレンとか、そういうのインターネットとか本とかで勉強するといいよ。

だけど、「自分は虐待を受けて育ったから、幸せにはなれないんだ」って、それはちがうよ。
それは絶対にちがう。
人間には意思がある。幸せになろうとする意志がある。
感情に流されたらダメだ。
意志の力で、幸せになるんだよ。



親に恩返ししたらダメ。
仕返しはもっとダメ。


自分の人生で、自分をいじめた人と、いじめなかった人たち。
どっちが多いですか?
よく思い出してください。
思いだす前に、世界には70億人の人がいるって事実を考えてください。

この世界に、自分を苦しめる人と、自分に優しくしてくれる人たちと、これから出会う人たちと、なんのかかわり合いもなさそうな人たちと、どういう人たちが一番多いですか?

あなたは誰を見て生きていくんですか? って。


視野を広げたら見える。落ち着いてみたら、見えてくる。

自分に危害を加えない人たちが、たくさんいるんだよ。
というか、ほとんどそうなんだよ。

その人たちの存在って、当たり前なのかな?
ちがうよね。
ありがたいことなんだよね。



とにかくさ。
親に恩返ししなくていいんだよ。

もらったままにしといていいんだよ。親の恩は。
そして、親以外の人たちに恩を贈るんだよ。



・・・今回は、ちょっと熱入っちゃったなあ(笑)

追伸。
親も人間。完璧な人間なんていない。許してあげよう。

追伸2。
株式投資でも似たようなもん。銘柄Aで損したからって、銘柄Aで取り返す必要はない。銘柄はたくさんあるからね。自分を儲けさせてくれる銘柄は、やまほどあるんだから。銘柄Aで損したことに固執したらダメだ。たくさんのチャンスがあることに感謝しないとね。


以上です。ありがとうございます。
 
posted by TT at 14:40| Comment(3) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます。

少し、未来が開けました…。
Posted by ひよこ at 2015年03月07日 17:35
この記事を読んで楽になった1人です。
なんとか親に仕返ししてやると思っていた自分に気づきました。
自分が親になってから、子供が
Posted by みう at 2016年10月08日 23:41
みうさん、
自分を許してあげてください。
自分の人生ですもの。
Posted by 随筆会計士 at 2016年10月09日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289575810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック