2017年03月16日

(監査)債務保証の確認が難しい(エンロン)

そういえば、そろそろ監査も忙しくなる時期。
多くの監査現場で、残高確認の手続きが行われます。

2001年エンロン事件。
いろんな粉飾がありましたが、その一つに、隠し債務がありました。

非連結子会社の債務を保証していたのです。
しかし、連結対象ではないため、エンロンの貸借対照表には、それら子会社の借入金の記載がなかったわけです。だから投資家は知らなかった。
そして、非連結子会社の債務の存在が明らかとなったとき、エンロンの株価は1週間で半分となりました。。。


監査対象の取引銀行に対しては、確認状を送るでしょうが、非連結子会社の債権者にはなかなか送らない。

債務の保証。
曲者です。

posted by TT at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448020236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック