2017年05月12日

陰口を叩かれるのは世の常だ

自分なりに信じた道を行き、仕事をなし、世に出る。

すると、陰口を叩かれる。

これは世の常だ。

わざわざ自分の正しさを訴え、相手を論破しようとする必要はない。

だからといって、必ず陰口を叩かれなければならない訳でもないが。

とにかく、自分なりの道を行き、少なからぬ支援者がいるのなら、陰口を叩かれようとも不安に思うことはない。

陰口が耳に入ると傷付くけれど、気にしてはいけない。

自分が歩みを止めることを喜ぶものは誰か。
自分の正当性を主張して回ることを喜ぶものは誰か。

支援者は喜ばない。

信じた道を行くしかない。
posted by TT at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449825038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック