2017年06月22日

雇用を守るのも結構だが、資本市場のルールを優先しなければ、資本主義社会じゃない。

不正会計、不適切会計、粉飾決算。

歴史ある大企業から、新興ベンチャーまで。
プレッシャーがかかると、その誘惑にかられます。

でも、いけません。

一度やれば、必ず二度やるんです。
二度、三度とやり、次第に気軽にやるようになるんです。

泥沼です。

社長本人だけじゃなく、関与した人たち全員が苦しむことになる。

「あのとき、もっと真剣に止めていればこんなことにはならなかった」

関与した人たちに、そのように後悔する人生を送らせることになるんです。


悪くすると、お金に困ってることを聞き付けた悪い人たちが寄ってきます。
融通してもらいます。

いきはよいよい、かえりはこわい。


粉飾決算というのは、詐欺なんですね。
日本の法律は、そのようなスタンスではないですが、本質的には詐欺なんです。

無いものを有ると偽って、株式の購入に至らしめたからです。
よくある投資詐欺と同じです。

いけませんねえ。

株式市場というのは、資本主義の根幹です。株式市場がなければ、資金調達が進まず、今のような大企業社会にならないんです。
カジノと違うんですから、もっと真剣に守らなければならないものなんですよ。

雇用を守るってのも、わかります。しかし、株式市場のルールよりも雇用の保護を優先したならば、それは社会主義ですよ。

そして、残念ながら、社会主義は腐敗するのです。
『偉い人』もまた人間ですから、なんらかのプレッシャーや誘惑に負けて、悪いことするんだよな。
posted by TT at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック