2017年08月03日

死んだらどうなるか分かれば、生き方が変わり、社会が変わる

もし死んだらどうなるか分かれば、生き方が変わり、社会が変わるよね。という話。


いわく、

死んだら何も残らない。魂も霊もない。意識もない。

この世でこんなことすると、来世はよりまともな人間として生まれ変われる。

生きてるときにこんなことすると、地獄に行く。


などなど。


わからないから、みんなバラバラだ。
キャリアパスのまったく不明瞭な会社のようだね。
どうしたら昇進するかクビになるかわからない。

だけど、明瞭すぎると、なにかのきっかけでマイナスなことしちゃったときに、あきらめて自暴自棄になるかもわからん。

もし来世も再来世もあるとして、いまマイナスなことしちゃったら、ほんとやる気無くすよね。
「あと200年くらいいいことないや」って。

逆に、「今世ですべて終わり。天国も地獄もない」ってことだと、人間なにやるかわからんよね。さんざん悪事働いて、最後は自殺して逃げたらいいやって。


だからきっと不明瞭なんだろうなあ。


たとえば、「お金もうけしたら天国に行ける。貧乏はもう一度人間やる。詐欺は地獄行き」とかだったら、社会のあり方がものすごく変わるよね。

たぶん荒れるだろうなあ。

ビル・ゲイツは天国に行くけど、(たぶん)貧乏だったガンジーは人間やり直し。

これを世界中の人が納得して生きて、みんながガンジーなんかに憧れないし、彼の話なんか聞かない世界。
みんながビル・ゲイツにゴマすって、なんとか自分の会社を買ってもらおうとか、仕事回してもらおうとする世界。
(いま、世界の一部はそうだね)


たとえば、また人間に生まれ変わることが確実で、ほんの少しの知恵を来世に持っていけるとしたら、来世で役に立ちそうな知恵を見つける生き方をするよね。
楽で楽しく生きていく方法を身に付けようとか、人に可愛がられる方法とか、そんなの。


人生こそ、やってみないと分からないものだね。
でも、いや、だからこそ、死後の世界についてなんらかの仮説をおいて生きてみるのもいいよね。

生きる上で、迷うことが減るよね。
posted by TT at 10:25| Comment(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。