2017年08月03日

ICO(initial coin offering)仮想通貨での資金調達だって。おもしろいね

IPOならぬICO。

仮想通貨を発行して資金調達する。

資金提供者は、株主とか債権者になるわけではなく、当該発行企業のサービスを利用する際、その仮想通貨を使用できる、と。

つまりこれは、前売り券みたいなもんだよね。

企業はまず、前売り券を売ることで資金を調達し、その資金で製品を製造し、販売する。

資金提供者は、前売り券である仮想通貨を、その会社の製品の購入に使ってもいいし、仮想通貨の値上がりを期待して保有しててもいいし、現金に戻すことも可能。


株式を買ったら、いきなり株主優待券がもらえる。みたいなもんだ。


小さな会社の資金調達ルートが増えるね。

町のパン屋さんとか。
ただの前売り券だったら、他所で使えないからほとんど売れないだろうけど、
他所でも使える、値上がりも期待できる、現金に戻すこともできる、そんな仮想通貨を発行できるとなったら、いまなら金に目のくらんだ人たちからたくさん資金調達できて、パン屋なんかやめるくらいだろうなあ。

、、、

いよいよ資金調達したもん勝ちの世界だね。。。

これはよくないです。

ま、すぐに落ち着いて、正常なものになるんでしょう。


これ、あれだな、、、行き着くところは、会社が宝くじ発行するってところだね。
いまは禁止されてるけど。
宝くじ発行して資金調達できるとしたら、うまく宣伝できたら楽チンに金儲けできちゃうよね。なにも生産しなくても。
たまに問題になるスマホゲームのガチャガチャ(だっけ?)問題だね。

posted by TT at 11:00| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。