2017年08月30日

株の売り時とは、

久しぶりに株式投資の話。

株でうまいこと資産を増やそうと言うときに、いくつか大事なことがある。
そのひとつが、売り時、である。

売り時は、買い時の反対ともいえる。
つまり、買ったときの理由が無くなったときが売り時である。


まずは、
その会社についての理解が間違っていることに気がついたとき。

事業内容やその会社の強み弱みなどの理解が間違っていることに気がついて、新たに理解したところ、あまり安全な投資先ではない、と感じた場合ですね。
このときは潔く売りましょう。株価など気にせずに。
つまりこれは、失敗です。
予想が外れたどころか、予想の前提が誤っていたわけです。


次は、
その会社の成長力が無くなったとき。

成長しない会社の株価は上がりません。
なので、売る。

という考え方でもあるのですが、そのことよりも、買ったときの理由である『成長力』という要素が無くなったので、売る、と。
自分が立てた予想と、現実がずれたので、売る、と。
この場合も、株価など気にせず、潔く売りましょう。


次は、
株価が異常な高値になったとき。

本来的には、株価で判断すべきではないのですが、何かしら意味不明な現象が発生して、株価が異常な高値になることがあります。その時は喜んで手放しましょう。


番外編として、
いま保有している株よりもっといいものが見つかったけど、それを買うキャッシュがないとき。
ということもあるかもしれません。


難しいのは、新たな借入金についての判断です。
それほど多額でなければ何も気にしませんが、バリュエーションにかなりの影響を与える額の場合、少し悩みます。買ったときの理由が無くなるかもしれないからです。

もし、この多額の新たな借入金が、自分の会社についての理解の誤りを示すなら、売りましょう。
あるいは、この借入金が、既存事業の成長の終わりを示唆しているなら、売りましょう。


以上、買ったときのアイディアが無くなったときが、その株の売り時である、という
話でした。

posted by TT at 11:34| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。