2019年04月13日

ベーシックインカムになると、アイドルが減る

親が金持ちの場合、自分もなにか事業やろうという人と、特に何もしない人がいる。野心なり見栄なりルサンチマンかなにかあれば事業をやるだろうし、何もしない人は、そういう動機が弱いのだろう。その何もしない人が、たとえばアイドルにお金をつぎ込んでいたりする。

ベーシックインカムの時代には、アイドル稼業が減る。
従って、つぎ込む対象が無くなる。

ベーシックインカムの時代には、風俗産業が減る。

ベーシックインカムの時代には、ブラックな企業が減る。

ベーシックインカムの時代には、巡りめぐって不動産収入が減る。

その他いろんなものが減る。

シュリンクする。

それは、ハングリー精神の減少、嫉妬の減少、怒りの減少、疲労の減少、ストレスの減少、病気の減少、そういった様々なものの減少のために。

現代人はネガティブ面を解消するために、意外と多くのお金を消費している。自分ではポジティブなお金の使い方だと思い込んでいるが、上記のようなネガティブ要素が自分のなかに存在しないとき、それを解消したいという欲求も起こらないわけで、実は低コストで生活できることに気がつくだろう。

経済の発展、いや現代経済の肥満状態は、そのような多くのネガティブ要素に支えられた不健全な状態と言える。だがしかし、そこには快楽もあるわけで、その快楽が得られないことに対する不満はあるのかもしれない。光が強いと影も濃くなるように、快楽には犠牲が必要だから。



posted by TT at 09:08| Comment(0) | 俺の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。