2020年03月19日

バブリーだったアートマーケットも当分寒くなるだろうね

数年前、美術商で絵を見てて、東山魁夷の、原画じゃなくて、なんかきれいなパネルのやつで75万円くらいのがあって。

で、お店の人がきて、
「アートというのは景気に左右されにくいですからね。投資目的で買うかたも多いですよ」みたいな話をされて。

しばらく他の話して。

で、また同じ絵の前で、「この東山魁夷も人気なんですが、それでもリーマンショックの前は二倍くらいの値段だったんですよ。いま景気も上向きですし、お買い得ですよ」だって。


めっちゃ景気に左右されてるやん!

と、思ったけど言わなかったけどね。

ゾゾの前澤さんのことを思い出して。
孫さんに株を売ったけど、大正解だったなあ、と。
コロナショックまともに受けてたら、ちょっと破産までありえたんじゃないかしら?

でも100億のバスキアは、きっと半額になっちゃうだろうなあ。それとも、長期の固定レートでいろんな美術館とレンタル契約してたりするのかしら?


最近の孫さんは、投資が裏目裏目に出てる気がするよ。ゾゾといい、なによりウィーワークといい。。。
 

以上です。



posted by TT at 11:19| Comment(0) | 俺の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。