2020年08月21日

スッタニパータ『慈しみ』、能力ありとは?

スッタニパータの慈しみの節は、ある意味でゴールのビジョンとも言えることが書かれており、とても重要な節であると思います。

要するに、悟った人はどのように暮らすのか、ということが書かれています。
ここを読めば、鎌倉新仏教以降の日本仏教がブッダとはだいぶかけ離れていることも分かるし、ブッダの教えていたことがいわゆる宗教ではないことも分かるし、救うとか救われるとかいう話もしてないことがわかります。 

この短い慈しみの節の冒頭に、「能力あり」という言葉が出てきます(中村元先生の翻訳によれば)。
さて、能力ありとは?

スリランカ等に拡がっている上座部仏教では「身体も心も健康で」と言っているそうです。たしかにそうですよね、と思います。

しかしながら、スッタニパータの対象としているバラモンや富豪たちのことを考えれば、健康ということだけでなく、権力や財力のことも含まれるだろうと考えられます。

つまり、前回の記事に書いたように、「思い上がれるだけの能力」ということです。そのような立場にある人間が悟るのだし、悟らないと他人の迷惑になるのだ、と。




posted by TT at 08:56| Comment(0) | 俺の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。