2012年07月24日

伊豆大島 オーパ! 2012.7

3度目の大島。
晴天だが強風だ。なかなかパーフェクトウェザーに恵まれない大島釣行。

熱海からジェット船に乗る。岡田港に到着。11:30くらい。

今回お世話になる「ふじおか」さんに電話。
「いま岡田港につきました。はい。バス停のところ」

声の感じからして、元気おばちゃんをイメージしていたら、向こうから真っ黒Tシャツの丸顔丸体のおばあちゃんがノコノコと歩いてきたよ。
「電話していただいた方ですか?」
「はいそうです」

歩いてすぐ。

「釣りですか」
「はい」
「そこの桟橋でも釣れるし、そっちの日の出浜の桟橋もいいよ」

ネット情報では掃除の行き届いていない民宿とのこと。
期待値を下げて到着。

どうかな? うん、悪くないよ。

部屋に通されて、熱海のコンビニで調達した弁当を食べる。

やっぱりちょっと清潔感ないかな? そんなに気にならないけど。

天気がいいので、日の出浜に泳ぎに行ってみる。
歩いて2分くらいかな。
目の前。

6,7人くらい遊んでる。
「うわー。きれいだなあ!」

相変わらずの透明度。ほんとに大島の海の透明度は高い。

「よーし」

海に入るのは2月のガラパゴス以来だよ。

「つめたっ!!」

海水温21度くらいとのネット情報。やっぱりね。さむいよ。25度はほしい。

しばらく足だけ入れて歩いてる。
慣れてきたけど、膝までだな。
ゴーグルして、顔だけつけて海の中をのぞいてみる。
きれいな海。
魚がちょっと見えた。
わりに深いところもあるから、泳ぐのにいいかもしれない。あったかくなったら。。。
でかいボラみたいのが、ボチャン、ボチャンと、ダイブしてるよ。

浜と言っても小さいんだけど、かなり整備されてます。
トイレもあるし、シャワーもある。
浜の右側は、磯になってる。そのうえは崖。崖の上に青々した森。
ほんとに、すてきな景色。


そんなこんなで宿に帰って一休み。

夕方から釣り。岡田港。オキアミブロック買ってね。

風が強いよ。強風だよ。風速7mとか8mとか。向かい風。
でも、負けじとやっちゃうよ。

しばらくやってると、ものすごい引き!
ドラグが鳴る。糸が出る。
竿を立てる。糸が出る。竿を倒しながらリールを巻く。竿を立てる。この繰り返し。

現れたのは40cmオーバーのサンノジちゃん。

「わー、でっけぇ!!」

めちゃくちゃ引いてくれました。
針をはずして、ボチャンとリリース。

サンノジって、リリースした後すぐ泳ぎださないから、死んだかと思うよ。
疲れて一休みしてるのか、海に落ちた衝撃で気を失ってるのかしらないけどね。
しばらく見てると、ゆっくり泳ぎ始めて、潜っていきました。よかったよかった。

夕飯を7時からってことでお願いしてたので、「ふじおか」に帰る。

帰るとおばちゃんが出てきた。
「おかえり。どうだった。なんか釣れた?」
「うん。40cmくらいのでかいサンノジ釣れたよ」
「あら、いいじゃない。どうしたの。持って帰ってきた?」
「いいや。リリースしてきた」
「ええっ。ちょっと、あれ、おいしいのよ。なにやってるの。いまから拾ってきなさい。あれ、酢味噌にするとおいしいんだから。みんな食べないから捨てちゃうんだけど、あれ、ちゃんと料理するとおいしいんだから」

「また釣ったら持って帰ってくるよ」

夕食は磯バーベキューっていうのかな。
活きてるアワビとかサザエとかトコブシとか、そういうのを焼く。超豪華。

「食べ方わかんなかったら教えてやるからな。きれいにひとりで食べられるようになるまで、うちに通わなきゃならないよ(笑)」

そんなこと言われたから、ムキになってがんばって全部自分でやりましたよ。サザエはコツがいりますね。

「あーら。自分で食べれちゃったわね。通ってください、ってお願いしたかったのにね(笑)」

はっはっは。俺を誰だと思ってんだい。そんじょそこらのひ弱な都会っ子じゃないんだぜ?

いやー、それにしてもうまかった。しかも満腹だよ。民宿ってこんな豪華なんだね、料理。


・・・しばらく、おばちゃんのありがたい講和を拝聴。


休憩したら、夜釣りいくよー。

・・・って感じの3日間。
今回は、「オーパ!!」だったなあ。楽しかったです。以上です。ありがとうございます。

釣り関連の記事をまとめてみました。
伊豆大島 期待値高い磯釣り
伊豆大島 not オーパ!
釣り人には過去と未来しかない
【釣りガール】トイレ編【ECO for EGO】
【ECO for EGO】飲み込んだ針の話。リリースする方法
【ECO for EGO】オキアミの沈降速度【コマセとサシエサの同調】
漁師に邪魔者扱いされる釣り人たち
釣りもビジネスも「場所・エサ・腕」その2
posted by TT at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | We Hate Haters!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

伊豆大島 期待値高い磯釣り

こんばんわー。今日もありがとうございます。

『就職もギャンブルだ』という言葉を目にしたんです。それで、「なるほど、そうだなあ」と思ったんだよね。
就職とか転職するにあたって、事前にいろいろ調べても、実際のところはわからない。
内定をいくつもらったとしても、入れる会社は一つだけ。
OB訪問だとかなんだとかしても、自分がどの部署に入るのか、直属の上司はどんな人になるのか。
入って、やってみないとわからんよね。
だからギャンブルだ、と。

ギャンブルと聞いて、相変わらず「期待値」という言葉を思い浮かべたわけです。

就職や転職においても、期待値がプラスになるような選択をしないといけないよね、と。

経済面、精神面あるけれど。
両方ともに、期待値がプラスの就職をしたいよね。

伊豆大島に釣りに行くとさ、もちろん桟橋からでも大いに期待できるんですよ。
たとえば岡田港なんかだと、足元、タナ8から10メートル。これで大きなサンノジちゃんが食ってきますよ。
グイグイ引きますよ。道糸切られますよ。

だけどさ。
やっぱり磯だよ。
磯はすごい。
期待値が大いにプラスですよ。
魚影がけた違いだ。
サイズもいいぞ!
景色もいい。
but, 危険度は高い。

これから、もっといろんな磯を見てみたい。

民宿もなかなか楽しめるよ。
まだあんまり知らないんですけど、どこでも料理には期待できるのかなあ、と思ってます。
民宿っていうと、ふた昔前に行った記憶があって、宿そのものにも、料理にも期待できないぜ。って感じだったんだけど、最近の民宿は料理がすごいらしいね。贅沢だね。ホテルは泣いちゃうね。
だから、「えっ。一泊二食つきで7000円もするの?? 高いなー」って思ってたんだけど、あの料理を考えると、安いかもわからんね。というか、夕食をつけた方がいいと思うね。夕食抜きっていうプランを提供してる民宿もあると思うけど、たぶん夕食付けた方がいいね。夕食抜きで5500円とかってプランあるかもしれないけど、夕食は1500円どころじゃなく、都心なら8000円するくらいの料理が出てくる可能性もあるよ。
これも期待値プラスだね。
800円くらいの料理が出てくる可能性が30%くらい。
1500円相当の料理が出てくる可能性が50%くらい。
8000円級の料理が出てくる可能性が20%くらい。
だとしたら、、、大いにプラスでしょ?


釣りに行くなら、ホテルじゃなくて民宿にしてみるといいかもよ。
ほいで、元町から海岸沿いを北に行ったところに「赤禿(アカッパゲ)」とかいろんな釣りできそうな磯があるから、サンセットを見つつ、釣りしてみるといいよ。
サイクリングロードがあるんで、自転車で走ってみるのもいいかもしれないね。元町港付近から野田浜までね。
 
posted by TT at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | We Hate Haters!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

デザインを変更しました

こんばんわ〜。今日もありがとうございます。

ブログのデザインを変えてみました。パソコンで見てる人にはわかるかと思います。
・・・はじめてきた人にはわかりませんね。

アロハ〜なデザインです。なかなかいいんじゃないでしょうか??


前から思ってましたけど、「いじめ」って言葉の定義が広すぎるよね。

「いじめ」を苦に自殺する子はいないんだよ、、、ね?

どう考えたってさ。「いじめ」じゃないんだよ。
大人の自殺の理由だってさ、上位は健康問題とか金銭問題とかですよね。仕事の悩みとか。

暴力受けて、それで自殺するってのはどういうことですか?

・・・この話はやめよう。
 

株式投資の話にします。
いろんなトレードスタイルがあると思いますが、どんな投資スタイルでも考えるべきことってのがあるよね。ってことに気づきました。
大したことじゃあないんです。
あたりまえのことなんですけどね。

それは、期待値。

期待値です。

期待値がプラスのものを買わないとダメだよね、と。

それだけなんだけど。これって大事だよなあって思いました。

さらに言うと、目標値ってある程度設定しといたほうがいいよね、ということになります。
さらに言うと、目標値を設定できるってことは、企業価値評価ができるってことになります。チャーティストの場合は、ちょっとちがうかもしれないけど。


以上です。ありがとうございます。
 
posted by TT at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | We Hate Haters!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする