2017年11月08日

オイルパステル絵画の勉強(初心者)になる動画をいくつか

オイルパステル動画まとめ。from youtube

英語のものばかりです。が、言葉は分からなくても見れば分かると思います。
もちろん、どんな描き方をしてもかまわないわけですが、なにかヒントになればいいかな、と。

基本的なテクニックの動画を集めてます。
「あ、こんな絵も描けるんだあ」と、思ってくれたらいいかな。


ひとつめ。
モネの2枚の絵をモチーフに描いてるもの。
オイルパステルの混色テクニックの説明も少しある。
白い紙を使ってる。
手前、中、奥、のコンポジションの説明も。
https://youtu.be/Dal1ME7HMd4


ふたつめ。
よくある(失礼!)アメリカの風景画の動画。
灰色っぽい色の紙を使用。
ものすごく遠くの雲の描きかた、下塗りの色の使い方、手前の草原の描きかた、など。
https://youtu.be/ryIPJMEwWj0


みっつめ。
絵本みたいな可愛らしい色使い。
白い紙に描いてるが、TITIとかいうブランドのオイルパステルで、よく伸びる。塗り漏れがない。
https://youtu.be/zO1s54Q6ZwE


よっつめ。
香港の夜景を、屋外で描いている、印象派だね。
もともと黒い紙を使っているが、さらに空と海のところを、恐らく水彩絵具で暗い色に塗る。手前のビーチもおそらく絵具じゃないかな?
オイルパステルの混色はあえてしない感じ。
https://youtu.be/YgWwzuuOe2M


いつつめ。
風景写真を普通紙にプリントアウトして、それをオイルパステルで塗るという。
面白いし、勉強になるだろうね。
https://youtu.be/LWgwun84hA4

むっつめ。
ドガのDancers at the barをオイルパステルで描いてみよう、というもの。パステル作品だし、とてもいい練習材料だと。
下書きの説明が丁寧で勉強になる。
緑色の紙を使用。
https://youtu.be/vGc2NeTvOzY

以上。

posted by TT at 13:09| Comment(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

有毒なお客さんを追い出すこと

商売をやってると、会社を守るために有毒なお客さんを追い出さないとならないことがある。

お店の雰囲気を悪くしたり、インターネットになにか書き込んだり。
そういう、毒客とでも呼べるような人が来ることがある。

そういうのは、お客さん全体の100人に1人もいないんだけど、来られるとこれがかなり効く。
毒は耳かき一杯で人を殺せる。
体に良いものは、毎日たくさん摂らないといけないのにね。

だからお店も、良いお客さんが毎日たくさん来てくれないと、元気にならない。
たまに毒客が来るだけで、お店は弱っちゃうんだな。

だから毒客は追い出さないとならない。

ところが、難しいのが毒客の見分けかたなんだ。
あからさまに店内で騒いだりしてるわけじゃないんだ。ネットに悪口書いてるわけじゃないんだ。いや、そういう奴らも倒さないといけないけどね。

意外と、フレンドリーに接してきてたりとかするわけ。いろいろ話しかけてきたり、忠告してくれたり。SNSに書き込んだり。


だから、しっかり見極めないとならない。
お店の成長を阻害してるのは何かを。


これはお客さんに限らず、従業員にも言える。毒社員だね。
あからさまに働かないヤツじゃないかもしれない。意外と重要な幹部社員だったりすることもある。
だけど会社の成長を阻害してたりする。他の社員の働きを阻害してたりする。


とにかく、社長は会社を守らないとならない。毒を入れたままだと、会社がおかしくなっちゃうからね。


ちなみに彼らを追い出すには、社長が今以上に張り切って働くってことだと思う。
言いなりにならない、ってことだ。
良いようにされてたまるか、と気合いをいれることだと思う。


縁を切るのは、少し胸が痛むんだけどね。
でも、つけこまれた自分の責任なんだ。

posted by TT at 11:53| Comment(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

お金儲けは善か悪か?お金を使うことに罪悪感?

お金儲けは良くないことだ。

という考え方は、なにも日本独特のものではなく世界中にあります。
なにか罪悪感を覚える人が世界中にいる。私もあなたも、ある程度は持ってる。

昨今、『手っ取り早く成功したいブーム』なので、

「お金儲けは善だ!周りの人をハッピーにするんだ。お金が回れば景気が良くなる。成功したかったらお金儲けは悪いことという概念を捨てろ!日本人はお金儲けが嫌いだから国が不景気になるんだ。もっとお金儲けしようぜ、イェー!」
というのが出回ってるね。


お金に関することも、これ結局は『欲』の話なのですね。


主体性と、合意。
これがあれば、お金に関する罪悪感はないと思う。


たとえば性欲に置き換えればわかりやすいと思う。

その場の勢いで、熱に浮かされてやってしまった。としたら罪悪感があるでしょう。

相手を酩酊させてどうこうした。としたら、罪悪感があるでしょうし、現代の常識では悪人とされるでしょう。

それを、
「性欲は善だ!みんなハッピーになれるんだ。性欲が無かったら人類なんか滅亡してる。人口が増えたら文化も産業も発展するんだ。日本人は性欲がないから国が不景気になるんだ。もっとやろうぜ、イェー!」

といってる人がいたら、ちょっと変わった人ですよね。

主体性と、合意。
これがないと、周りに迷惑がかかるし、罪悪感も生まれる。


強引な営業でマンション売り付けるとか。
熱に浮かされて高額商品を買ってしまうとか。

そういうことに罪悪感があるわけで。


性欲に置き換えたら、お金持ちに憧れるのも分かるし、批判するのも分かるなあ、と。

posted by TT at 19:06| Comment(0) | ツキを背負ったカモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする