2017年12月18日

自分のバリュエーションの精度を確かめる方法

株式投資で、バリュエーションを自分でやってはいるけど、その精度がどの程度か分からない、と。
結局は自分のバリュエーションを信じきれなければ意味がありませんからね。

そこで見てもらいたいのが、TOB銘柄です。
TOB銘柄を自分でバリュエーションしてみて、TOB価格と比較してみる。

概ね近ければOKということでしょうね。
もちろん例外はあるけど。


以上です。

posted by TT at 14:52| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

WACCとROICの理屈(WACCが分からない、という学習者向け)

投資やバリュエーションを勉強してると出てくるWACCとROIC。
今回はその理屈をシンプルに書いてみます。
実際の計算方法は、教科書や貴社のやり方に従ってください。


簡単に言うと、企業もファンドと同じなんだ、ということ。

ファンドは、お金を集めて、株を買ったり不動産を買ったりして運用して、その利益を投資家に配分する。
事業会社もまったく同じ。
お金を集めて、機械を買ったり人を雇ったりして、なにか売って、その利益を資本家に分配する。

このとき、企業(株式会社)には大きく分けて二つの資金調達先がある。
ひとつは、銀行とかからの借入や社債。これは有利子負債。
もうひとつは投資家からの出資。これは株主資本。

企業は、有利子負債と株主資本を合わせて運用して、キャッシュを獲得して、各資本家に分配しないといけない。

では、どのくらいのキャッシュを獲得することが求められているのか?って言うのがWACCです。

有利子負債の方は簡単で、利率が決まってるし、損益計算書にも支払利息という科目があって分かりやすい。
株主資本の方は、利率も決まってないし、損益計算書にも出てこないし、わかりづらい。キャッシュフロー計算書に配当金の支払が出てくるけど、これだけじゃないだろうな、と。でもとにかく、分配しないといけない。ファンドなんだから。

これが、WACCの理屈です。


で、実際に、その企業が有利子負債と株主資本を使ってどのくらいのキャッシュを獲得したのか、って言うのがROICです。


WACCは要求水準、ROICは成績です。


当然ながら、ROICがWACCを越えないと、株主からそっぽを向かれます。
ROICがWACCを越えないと、いくら黒字でも企業価値を損なっていることになるわけです。銀行にはきちんと分配するけど、株主にはあんまり分配しない企業、ということですね。


株主としては、株式投資をギャンブルと考えるならば別にWACCとか関係ないんですけど、投資と考えるならWACCやROICが気になるわけですね。
自分が10パーセントの利回りを期待してるのに、そもそも投資先企業のROICが10パーセント以下なら、自分の望みは叶わない訳ですからね。
ここで言ってる『利回り』ってのが、株価の上昇率や配当率と関係ないってところが話をややこしくするんですけどね。
そうなんです。株価や配当と、『投資家の期待収益率』とは異なるものなんだな。配当はやや近い概念だけど。
期待収益率は、あくまで、その会社がどのくらいのキャッシュを獲得する力があるのか、という話です。
会社を丸ごと買収したと考えれば分かりやすいかな。丸ごと買収したなら、上場もしてないし、配当するもしないも自分で決めるから、気になるのは単純にどれだけ儲かってるのか、ってことだよね。


ま、そういうことです。

会社もファンドと同じなんだ、と。
運用して収益をあげて、資本家に分配するんだ、と。


それでは、引き続きお勉強頑張ってください。


posted by TT at 18:27| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

増収増益でも株価が上がらない銘柄

5年くらい増収増益が続いているのに、株価は4年前の方が高かった、、という銘柄がありますね。
連続増益ではないけれど、5年前より利益はだいぶ多い、なのに株価が下がる、そんな銘柄もある。

増収増益の企業に投資しようと目をつけたのは良かったけれども、株価が上がらない、下がっていく、なぜだ?


これは、株価が高すぎたから、です。

適正価格(とみんなが思うところ)まで下がっていきます。
増収増益だからいいようなものの、ここで減益などすると、あっという間に下がります。

バリュエーション(企業価値評価)は、だから大切なんですよね。
本来の価値より安く買う。これが買い物上手ですね。

posted by TT at 12:34| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする