2017年09月07日

独身者が増えることで経済は維持されてきた。

日本は戦後、爆発的に人口が増えた。
それに合わせて、経済も成長した。

その後、人口の伸びは鈍化し、減少するに至った。
にもかかわらず、この間、経済がある程度維持されてきたのは、独身者が増えたからである。

単身者が増えることで、都市圏のアパート、マンションが増えてきた。

家賃を払わねばならない。
そのために働かねばならない。
家賃以外にも消費する。


このように、全体の人口の伸びが止まっても、独身者、単身者が増えることで、擬似的に人口が増えていたために、経済は維持されてきた。


少子化対策として、『独身税』など独身者にペナルティーを与える考え方もあるが、例えばこれで一人暮らしの男女が結婚したとしよう。

単純な話をすれば、半分は空室になるのだ。

家賃相場は当然落ちる。

そもそも結婚によって、片方は仕事を辞めるかもしれないところ、家賃が下がるなら余計に仕事は辞めるだろう。


経済を大きくする目的で、少子化対策をやったはずなのに、結果は反対になる。経済は小さくなってしまう。


働く人が減り、企業が小さくなる。
働く場所が減る。
収入を得る機会が減る。
経済的な理由により子どもを作らない夫婦がさらに増える。

これも望みとは反対の結果になる。


文化があって、経済がある。
経済があって、政治がある。


独身が増えるのは、文化の変化である。
この流れに逆らう政治はうまくいかないのである。


若者の人口は、その絶対値は減っていくが、彼らが全員単身者となるならば、世帯数としてはある程度は維持される。

だから、経済はこの流れに合わせて変化する。
政治も、この流れに合わせなければ、うまくいかない。


未婚化の流れは、シェアリングになっていく。
独身のまま同居する。

現在供給過剰のファミリータイプのマンションも、シェアリングを認めることで、なんとか空室を埋めていくだろう。

政治は、その流れを見越して対応しないといけない。

posted by TT at 18:14| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

株の売り時とは、

久しぶりに株式投資の話。

株でうまいこと資産を増やそうと言うときに、いくつか大事なことがある。
そのひとつが、売り時、である。

売り時は、買い時の反対ともいえる。
つまり、買ったときの理由が無くなったときが売り時である。


まずは、
その会社についての理解が間違っていることに気がついたとき。

事業内容やその会社の強み弱みなどの理解が間違っていることに気がついて、新たに理解したところ、あまり安全な投資先ではない、と感じた場合ですね。
このときは潔く売りましょう。株価など気にせずに。
つまりこれは、失敗です。
予想が外れたどころか、予想の前提が誤っていたわけです。


次は、
その会社の成長力が無くなったとき。

成長しない会社の株価は上がりません。
なので、売る。

という考え方でもあるのですが、そのことよりも、買ったときの理由である『成長力』という要素が無くなったので、売る、と。
自分が立てた予想と、現実がずれたので、売る、と。
この場合も、株価など気にせず、潔く売りましょう。


次は、
株価が異常な高値になったとき。

本来的には、株価で判断すべきではないのですが、何かしら意味不明な現象が発生して、株価が異常な高値になることがあります。その時は喜んで手放しましょう。


番外編として、
いま保有している株よりもっといいものが見つかったけど、それを買うキャッシュがないとき。
ということもあるかもしれません。


難しいのは、新たな借入金についての判断です。
それほど多額でなければ何も気にしませんが、バリュエーションにかなりの影響を与える額の場合、少し悩みます。買ったときの理由が無くなるかもしれないからです。

もし、この多額の新たな借入金が、自分の会社についての理解の誤りを示すなら、売りましょう。
あるいは、この借入金が、既存事業の成長の終わりを示唆しているなら、売りましょう。


以上、買ったときのアイディアが無くなったときが、その株の売り時である、という
話でした。

posted by TT at 11:34| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

会社と社員は、持ちつ持たれつ

今朝は北朝鮮がミサイル飛ばしたとかで、市場はマイナススタート。終値も80円ほどマイナス。
豆蔵とウィルグループは良かった。


派遣社員や契約社員の扱いが良くないとのブログ記事を読んだ。安いし簡単に解雇するのは良くないと。こんなのは不況時だけで、待遇の悪い会社は景気がよくなったら人が集まらず逆に苦しむぞ、とのこと。


そもそも正社員になりたくない、という人が増えているというのに、いまだにこんなことをいっておるのか。

まず日本経済の景気がよくなることは、あと50年はない。
中国よりインドより人件費が下がらないと景気は戻らない。
他でも、日本はかつて技術力があっただの言ってるのを聞くが、なにをとんちんかんなことを。
技術はアメリカから借りていただけである。戦後の日本は、先進国だったが、安い労働力が豊富にあり、それが急激に増えていた。これが前提での経済成長、好景気である。

いま日本で伸びている会社は、安い労働力を使って、安いモノを作り、安い労働力に売る。このパターンである。
とにかく安い人間から、労働とお金を、活かさず殺さず搾り取ることに成功しているか否か、である。
従って、お金持ちには住みにくい。欲しいものが売ってない。


企業にとっては、安い労働力はありがたい。
一方、労働者にとってもありがたいことなんだ。もし単純作業がすべてロボットに取られてしまったら、仕事はなく、収入もなくなるのだから。
すでに先進国ではそうなっている。
持ちつ持たれつ、なのである。

日本では安く働いてくれる人たちがいるから、機械化が進まず、リストラも進まず、生産効率が低いのである。
持ちつ持たれつ、なのである。

もし労働者の大多数が「時給2,000円以下なら働かない」と言ったら、会社の機械化が進むか、さらなる海外流出が進むかのどちらかであろう。

日本人が勤勉だから、イノベーションのジレンマが起こっておるのかもしれない。

posted by TT at 15:41| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする