2017年08月04日

東芝の監査。PWCあらた対EY新日本

東芝の監査意見が出なくて困ってる、という話。

巨額損失の計上時期をめぐって、東芝とPWCがケンカしてる、と。
これ、なんなんだろうなー。と思って、少し調べてみたら、、、


PWCは、東芝の監査を2016年4月分から担当してる。
で、1Q2Qと適正意見を出した。
そしたら3Qになって東芝が海外案件の巨額損失を計上してきた。
それで話を聞いてみると、「これは去年からある話じゃないか。なんで今まで黙ってたんだ!」と。
これでケンカが始まった。


61億ドルの損失なんですけどね。
東芝によると、たしかに2015年末には、61億ドル追加でコストかかるとは聞いてたんだけど、できるだけ抑えようとがんばる予定だったので、そのときは損失を認識しませんでした、と。


PWCは、「そんな努力目標で会計処理してんじゃないよ。知ってたんだから、そのとき処理しときなさいよ」と。
1Q2Qと適正意見を出しちゃったもんだから、騙されたって気持ちが強くて、「過去に戻って直さないと、もう監査しない!」ってわけですね。


じゃあ、東芝は去年の決算を直せばいいじゃないか、と思うんだけど、これがまた厄介。


去年はEY新日本が担当していたわけ。
で、新日本は、東芝の不正を喰らって痛い目を見た張本人ですよ。

で、数年前からの決算を訂正して、そして2016年3月期を最後の監査として、キレイにして、東芝とオサラバしたつもりだったんです。

それがなんと、間違っていた、と。

いまさらそんなわけにはいかないので、新日本は「2016年3月期は間違ってない」と断言するしかないんだよ。
今になって「じゃ、訂正しましょうね」なんて言えないんだよ。キレイにしたはずだったんだから。
さんざん世間からも金融庁からも絞られて、そして気合い入れてやった監査だ、その意見をひるがえすなんてできないんだよな。
そんなことしたら、新日本は信用がた落ちなんだ。


PWCは、東芝に隠し事されて怒ってる。
「2016年3月期の決算を直して、新日本に不適正意見をつけてもらえ」と言う。

新日本は、「2016年3月期までの決算に間違いはない!」と。プライドというか、軽々しく意見をかえたら、信用失墜ですよ。会社が終わりになるかもしれないよ。

だからもう、東芝はできることがないわけ。
「なにも隠してない、嘘もついてない」と言うんだけど、PWCに聞き入れてもらえない。
もし東芝が上場維持にこだわるなら、つまり復活する覚悟と気合いがあるなら、2016年3月期の決算を直すんです。で、新日本には傷ついてもらう。そしたらPWCが適正意見をくれるんだから。
ただこの場合、言い方としては、「我々(東芝)は、昨年度において、またまた新日本監査法人に隠し事をしておりました。今回、その決算を訂正いたします」となるけども。
新日本としては、「もとの決算が正しくて、今回訂正されたものは間違ってますので、不適正意見を出します」となる。
食い違うわけだね。


このままいくと、不適正意見を出すか、意見の不表明ということになるだろうね。
いきなり適正意見を出したら、世間が驚くよ。PWCが信用失うよね。


8月10日に結果が出るようです。
posted by TT at 20:58| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

株式投資の意義。ギャンブル?マネーゲーム?それとも社会貢献?

株式投資の意義について。

わたしも、よく悩んでおりました。
悩みながらも株式投資をしておりました。


(結局ギャンブルなんじゃないか)

(人の役に立っていないんじゃないか)

そんなことをね。


たしかに、ギャンブルの要素は強い。
未来に対して賭けてるわけだからね。


持ち株の株価が上がって、私がいくら儲けても、直接わたしに「ありがとう」という人はいない。だから人の役に立ってる感覚はなかなか得られない。


だけど、やっぱり株式投資は意義があるんだ。

株式市場が無かったら、いまのこの世の中はないんだ。
こんなに便利な社会になってない。
企業のグローバル化によって世界の貧困がかなり減ったけど、これも株式市場あればこそ。


ただ日本人に多いのが、こんな感情。

「投資家は楽して儲けてて、ずるい。社会のなんの役にも立ってないのにお金持ちになった」


社会の役に立ってることは先述したとおり。

で、楽して儲けてるかというと、楽じゃないよね。頭使って、リスクも取ってる。
投資家が楽して儲けてずるい、というなら自分もやればよい。いまは誰でもできるのだから。

たとえば会社勤めなら、満員電車が辛いとか、お客さんからのクレームが辛いとか、上司に怒られて辛いとか、嫌なことあるよね。
投資家もあるんだよね。まったく想定外の事象で、一日で100万円くらい資産が減るとか。

それ、耐えられますか?ってことだ。

で、会社勤めは社会の役に立ってるわけだよね。
社会の役に立つからと言って、嫌なことがないわけじゃない。投資家も同じ。
社会の役に立つことしてても、嫌なことはある。

会社勤めでも、起業でも、投資でも、利益がないなら続けられないんだよね。嫌なことはあるけど、利益があるからやっていける。


で、もし「投資家は楽してずるい」とみんなが思って、みんなが会社辞めて専業投資家になったとする。

どうなるか、というと、



すべての株価が暴落する。

あらゆるお店、サービスが無くなっちゃうんだからね。

そしたら投資家はまるで儲からなくなる。

だから、「楽しててずるい」なんて言われなくなる。

で、すべてのお店が無くなって、農業も漁業もなにも無くなったら、、、


そのときは、農業でも本屋でも、なにか起業するのが一番儲かることになる。
そしてそこに投資して会社の成長を支える人がやっぱり出てくる。
その会社で働く人がでてくる。


お金の力だよね。


わたしも抱いていた疑問。


会社が株式を発行して資金調達するのは分かる。だけど、株式そのものの売買はなんの意味もないんじゃないか、マネーゲームじゃないか、

という疑問。

その答えは、

流通市場が存在して、株式を簡単に売却することができるからこそ、そもそもの投資家が出資するんです、

ということです。


アップルでもフェイスブックでも、株式上場したあとの値上がりを期待したベンチャーキャピタルが多額の出資をした。
だから、急成長できたんだよね。

もし流通市場がなくて売却できないんだったら、なかなか出資はできないよね。全額が損になるかもしれないんだからね。
posted by TT at 15:48| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ICO(initial coin offering)仮想通貨での資金調達だって。おもしろいね

IPOならぬICO。

仮想通貨を発行して資金調達する。

資金提供者は、株主とか債権者になるわけではなく、当該発行企業のサービスを利用する際、その仮想通貨を使用できる、と。

つまりこれは、前売り券みたいなもんだよね。

企業はまず、前売り券を売ることで資金を調達し、その資金で製品を製造し、販売する。

資金提供者は、前売り券である仮想通貨を、その会社の製品の購入に使ってもいいし、仮想通貨の値上がりを期待して保有しててもいいし、現金に戻すことも可能。


株式を買ったら、いきなり株主優待券がもらえる。みたいなもんだ。


小さな会社の資金調達ルートが増えるね。

町のパン屋さんとか。
ただの前売り券だったら、他所で使えないからほとんど売れないだろうけど、
他所でも使える、値上がりも期待できる、現金に戻すこともできる、そんな仮想通貨を発行できるとなったら、いまなら金に目のくらんだ人たちからたくさん資金調達できて、パン屋なんかやめるくらいだろうなあ。

、、、

いよいよ資金調達したもん勝ちの世界だね。。。

これはよくないです。

ま、すぐに落ち着いて、正常なものになるんでしょう。


これ、あれだな、、、行き着くところは、会社が宝くじ発行するってところだね。
いまは禁止されてるけど。
宝くじ発行して資金調達できるとしたら、うまく宣伝できたら楽チンに金儲けできちゃうよね。なにも生産しなくても。
たまに問題になるスマホゲームのガチャガチャ(だっけ?)問題だね。

posted by TT at 11:00| Comment(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする